Skip to main content
Press Release

GEとNTTドコモ、IoT分野での業務提携に向けた覚書を締結

July 08, 2015

GEのワイヤレスルーターとNTTドコモの通信モジュールにより新たなIoTソリューションを提供

 

GEエナジー・ジャパン株式会社(以下GE)と株式会社NTTドコモ(以下ドコモ)は、GEの産業用機器向けワイヤレスルーター「MDS-Orbit(エムディエス・オービット)プラットフォーム(以下Orbit)」と、ドコモの通信モジュールを連携させた新たなIoTソリューションの提供について、本日業務提携に向けた覚書を締結しました。
今回の覚書により、インフラ設備を有する民間企業や自治体等のお客さまは、遠隔地の道路や橋梁、プラントや電気・ガス・水道等の設備にドコモの通信モジュールを内蔵したGEの「Orbit」を設置することで、インフラ設備の温度や振動等の稼働データをリアルタイムに監視することが可能です。
また、「Orbit」で取得したデータを、ドコモがIoTクラウドプラットフォーム「Toami※1」上で提供するアプリケーション等と連携させることで、お客さまはインフラ設備の稼働データをスマートフォンやタブレット等を通じて管理し、故障防止に向けた予兆診断や老朽施設の保全に役立てることが可能です。クラウドを活用することで、お客さまは少ない設備投資で、スピーディーな価値創造が期待できます。
GEが提供する「Orbit」は、産業用機器のデータ通信を行うための高度なセキュリティ技術とClass I Division2認証※2 を受けた堅牢な筐体を採用したワイヤレスルーターです。優れた耐環境性を有しているため、設置場所や地形等の環境に影響されることなく、セキュアな通信が可能です。
GEは、法人向け機械間通信サービスにおける豊富な運用実績を有するドコモの通信モジュールを、電波状況の確認試験の結果も踏まえ、採用することを決定しました。
ドコモは、パートナーとともに新たな価値を協創する「+d」※3 の展開に向け、産業用機器の世界トップメーカーとしてIoTの発展を牽引するGEとの更なる連携を推進してまいります。
今後、GEとドコモは両社の技術を融合させることでIoTによる価値創造を推進するとともに、幅広い分野のお客さまに新たな価値を提供するIoTソリューションの展開をめざしてまいります。
※1 「Toami」は日本システムウエア株式会社( http://www.nsw.co.jp )が提供するIoTクラウドプラットフォームです。
※2 国際規格IEC500で定められた危険区域。Class I Division2とは、爆発の危険性物質が扱われている危険区域のうち、通常はコンテナなど密閉された場所または閉鎖的な空間で管理・処理されており、偶然の事故やコンテナ等の破壊、機器の異常等に依る以外、危険性物質が漏出されることのない場所を指します。
※3 ドコモは「中期目標に向けた新たな取り組み」の中で、ドコモのビジネスアセットをパートナーの皆さまが利用できる環境を構築するとともに、ドコモの各種サービスブランドの名称を「d」を冠したわかりやすい名称に統一することで、ドコモがパートナーの皆さまとともに新たな価値を協創する取り組みを、「+d」として展開しております。

図:協業の内容(イメージ)
協業の内容(イメージ)

各社の概要
会社名: GEエナジー・ジャパン株式会社
代表者: 代表取締役 大西 英之
所在地: 東京都港区赤坂五丁目2番20号 赤坂パークビル
資本金: 2,500万円
営業開始日: 1988年3月18日
従業員数: 20名/日本におけるGE 4,500名(2014年12月末時点)
事業内容 :電子機器製造・販売事業、その他の事業
会社名: 株式会社NTTドコモ
代表者: 代表取締役社長 加藤 薰
所在地: 東京都千代田区永田町二丁目11番1号 山王パークタワー
資本金: 9,496億円7,950万円(2014年3月31日現在)
営業開始日: 1992年7月1日
従業員数 :10,973名/当社グループ24,860名(2014年3月31日現在)
事業内容: 通信事業/スマートライフ事業、その他の事業
報道発表資料に記載された情報は、発表日現在のものです。仕様、サービス内容、お問い合わせ先などの内容は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

<本件に関する報道機関からのお問い合わせ先>
株式会社NTTドコモ広報部:小里・大鳥
TEL:03-5156-1366 FAX:03-5501-3408
 


business unit