skip to main content
News

News

September 7, 2022
GE Renewable Energy and Green Power Investment to develop onshore wind farm in Japan

GE Renewable Energy to supply 19 of its 4.2-117 onshore wind turbines for a total installed capacity of 79.8 MW. The onshore wind turbines will power Green Power Investment’s Fukaura Wind Farm in Aomori, Japan. Tokyo, September 7, 2022 - GE Renewable Energy announced today that it has been Read More

September 7, 2022
グリーンパワーインベストメントとGEリニューアブルエナジーが 日本の陸上風力発電案件で合意

GEリニューアブルエナジーは4.2-117陸上風力タービンを19基供給(発電容量合計:79.8MW) 当該タービンはグリーンパワーインベストメントが事業開発を行うグリーンパワー深浦風力発電事業(青森県)に導入予定 【東京:2022年9月7日】GEリニューアブルエナジーはこの度、株式会社グリーンパワーインベストメント(以下GPI)からグリーンパワー深浦風力発電事業(青森県西津軽郡深浦町)におけるサプライヤーに選定されましたのでお知らせいたします。本プロジェクトではGE製4.2-117陸上風力タービンが採用されました。これはGEがGPIと手がける日本で3番目の案件となります。また、 Read More

July 18, 2022
GEは計画されている分社化後の3社の社名を発表

3社ともにGEの伝統を継承します ヘルスケア事業の名称は「GE HealthCare(GEヘルスケア*)」 エネルギー事業の名称は「GE Vernova(GEベルノバ*)」です。この企業体にはGEリニューアブルエナジー、GEパワー、GEデジタルが含まれるとともに、GEエナジー・ファイナンシャル・サービスも加わります 航空事業の名称は「GE Aerospace(GEエアロスペース*)」   【米国ボストン:2022年7月18日】 GEは本日、今後計画されている分社化によって生まれる3社の名称を発表しました。これら3社は、ヘルスケア、エネルギー、 Read More

February 16, 2022
ANAがGEの『フューエル・インサイト』を採用 航空機の運航をさらにサステナブルなものに

ANAはデータに基づく方針作成を重視し、燃料節減とサステナビリティの向上を目指します GEフューエル・インサイトは飛行データを分析し、燃料消費傾向を検証すると共に迅速に燃料節減の機会を特定するソフトウェアです   【アメリカ・カルフォルニア州サン・ラモン 2022年2月17日】 本日、GEデジタルは全日本空輸株式会社(以下ANA)が『フューエル・インサイト』を稼働したことを発表しました。このソフトウェア・ソリューションは、運航中の航空機から実際の飛行データを収集・分析するもので、同社が掲げる2050年カーボンニュートラル(2050年度までの航空機の運航で発生するCO2実質ゼロ) Read More

January 26, 2022
画期的なジェットエンジン洗浄方法 “GE 360 フォームウォッシュ” のCF34向け技術ライセンスを 世界で初めてJALに認定

【東京:2021年1月27日】このたび、GEアビエーションは日本航空(JAL)に対し、GE製CF34-8Eエンジン向け360フォームウォッシュを使用する技術ライセンスを認定しました。これにより、JALはこの画期的なジェットエンジン洗浄方法(特許取得済)に関し、世界初のCF34エンジン向けグローバル・オペレーターとなるとともに、初のリージョナルジェット・オペレーターともなります。 CF34-8Eエンジンは、JALグループエアラインのJ-AIR社が運航するエンブラエル170型機に搭載されています。GEアビエーションによるトレーニングとテストを経て、JALの技術者はCF34- Read More

December 16, 2021
GEの送配電設備のグローバルソリューション「EnergyAPM」を 富士通が国内で販売開始

送配電設備の故障リスクの管理や投資最適化を「EnergyAPM」で支援 GEはこのたび、GEの電力アセットマネジメントソリューション「EnergyAPM(エナジーエーピーエム)」を富士通が日本国内で販売することに合意しました。 「EnergyAPM」は送配電設備の故障率を抑え、保守コストの削減につながります。 また同ソリューションは、マイクロサービスアーキテクチャを採用しており、お客様のご要望に応じてクラウド上またはオンプレミス環境のいずれにおいても使用可能です。 同ソリューションを提供することで、GEはお客様のデジタルトランスフォーメーションを推進しワーク・ライフ・ Read More

November 29, 2021
GE Healthcare Introduces An Industry-First Modular, Scalable CT Platform to Minimize Technology Obsolescence & Maximize Clinical Capabilities

GE Healthcare introduces the industry’s first[i] computed tomography (CT) platform with built-in scalability and upgradability[ii] The new Revolution Apex platform offers the world’s fastest gantry speed: 0.23 seconds per rotation and 19.5 millisecond effective temporal resolution to freeze Read More

November 17, 2021
Karolinska Institutet & MedTechLabs Kickoff The World’s First Clinical Evaluation of GE Healthcare’s Photon Counting CT Technology with Deep Silicon Detectors

Photon counting CT has the promise to further expand the capabilities of traditional CT Karolinska Institutet and MedTechLabs’ pilot study represents the first of its kind to test pure silicon CT detector technology for photon counting CT in a clinical setting The project is the result of close Read More

October 4, 2021
エネルギー転換を促進するための ガス火力発電と再生可能エネルギーの役割について GEがホワイトペーパーを発表

今回のホワイトペーパーでは、日本政府が表明した2050年カーボンニュートラル達成と、電力の安定的かつ経済的な供給の2つをどのように両立させるべきかについて述べています 特に注目しているのは、これからの日本のエネルギーミックスにおいて再生可能エネルギーの割合を高めていくにはガス火力発電でバランスを取る必要があるという点です さらに、日本がこれから脱炭素化を進めるなかで有効な策である水素活用およびCCUS(二酸化炭素回収・有効利用・貯留)への更なる投資も必要である点も提言しています 【東京:2021年10月5日】 Read More

August 22, 2021
日本航空がGEとCFM56-7Bエンジンに関するサービス契約を締結

オハイオ州イーヴンデール/東京| 2021年8月23日 このたび、GEと日本航空(JAL)は、JALが保有する48機のBoeing 737-800型機に搭載されているCFM56-7Bエンジンに関して5年間のTrueChoiceオーバーホール契約を締結しました。本契約により、GEは100基以上のCFM56-7Bエンジンのオーバーホールに必要な部品およびサービスを提供します。 JALの執行役員調達本部長の中川由起夫氏は次のように述べています。「CFM56-7B エンジンに関するTrueChoiceオーバーホール契約を締結したことは、 Read More

July 28, 2021
GEのHAガスタービンの納入先が50社を突破 累計稼働時間は100万時間を越える

GEのHAガスタービンのお客様が50社を越えました。世界の20を超える国々のコンバインドサイクル発電プラントで使用され、およそ26GWの発電容量を生み出しています GEのHAガスタービンは電力をより持続可能なものへと進化させます。新たなガスタービンは水素混焼やCCUS(CO2の回収・利用・貯留)の利用が可能であり今後のほぼ炭素排出ゼロの発電への道筋をつけることができます 2021年にはHAガスタービンを活用した発電プロジェクトが「2021 Plant of the Year」「Plant of the World」「Reinvention Award」に選定されました   【アトランタ Read More

June 21, 2021
IHIとGE、アンモニアガスタービン事業の協業検討に関する覚書を締結

IHIとGEは本覚書にもとづき、脱炭素社会の実現という両社共通の目標達成を目指し、アンモニアを燃料とするガスタービンの事業化に向けたマーケティング活動・採算性評価を共同で実施します このプロジェクトは、カーボンフリーのアンモニアを火力発電所の有力な燃料として採用する革新的方法を探求するフィージビリティスタディです   株式会社IHI(所在地:東京都江東区、社長:井手 博、以下「IHI」)と、米国を本拠地とするGE Gas Power社(以下「GE社」)は、このほど、脱炭素社会の実現に向けて、カーボンフリーであるアンモニアを燃料とするガスタービンの事業化を目指し、 Read More

May 26, 2021
GEがGMISとパートナーシップを締結、 グローバルな生産体制におけるデジタル化、リーン方式、安全性を探求することで 合意

GEはGMIS(※1)と協力し、製造業の変革に重要な3つの要素について協働することで合意しました GMISは、国際経済の再生や各国の政策決定にとって製造業が重要な地位を占めると考えています 今年11月にドバイで開催されるGMIS2021サミットにおいて、GEはその知識と経験を共有する予定です ※1:the Global Manufacturing and Industrialisation Summit:製造業について各国の産、官、学および国際機関の代表が参加する国際会議。今回の#GMIS2021が4回目となる。   【ドバイ、UAE】  Read More

May 11, 2021
GEと東芝が洋上風力発電システム分野において戦略的提携契約を締結

・GEと東芝は、GEの洋上風力技術を活用して、日本の洋上風力市場の成長に貢献すべく両社で協力します ・両社は、日本の洋上風力の発展に向けてそれぞれの強みを持ち寄ります ・日本の洋上風力の発電容量は、2040年までに30GWから45GWまで成長すると予測されています   東京(2021年5月11日)―GEリニューアブルエナジーと東芝エネルギーシステムズは本日、GEのHaliade-X洋上風力タービンの製造プロセスの主要な工程を日本国内で行い、同国でのビジネスを促進するための戦略的提携契約に署名したと発表しました。この戦略的合意は、GEと東芝の国内外での長期的な関係に基づくものであり、 Read More

April 21, 2021
GEと日立ABBパワーグリッド、送配電分野における環境負荷低減に向けたクロスライセンス契約を締結

GEグリッドソリューションと日立ABBパワーグリッド社は、高圧電気機器の絶縁ガスや開閉器向けガスとして使用され強力な温室効果ガスである六フッ化硫黄(SF6)の代替となる革新的なガスに関する業界初となる非独占的なクロスライセンス契約を締結し、高電圧機器のラインナップを拡大することになりました。 「アースデイ(地球の日)2021」の前日に発表した本合意により、温室効果ガスの排出削減を加速することが可能となります。   【パリ(フランス)、チューリッヒ(スイス)2021年4月21日 】GEリニューアブルエナジーの事業であるGEグリッドソリューションと日立ABBパワーグリッドは、 Read More

February 24, 2021
GEが気候変動問題への道筋を示すホワイトペーパーを発表 - 現実的で迅速な脱炭素化推進のために、 再生可能エネルギーとガス発電のスピーディな展開が重要

本ホワイトペーパーはエネルギー転換に関するもので、2030年までに事業全体のカーボンニュートラルを目指すGEのコミットメントを前提としている。GEは新規石炭火力発電事業からの撤退を発表[1]済。 ガス火力発電を併用した再生可能エネルギー発電、および石炭からガスへの転換を継続することが、早期にCO2排出量を削減する上で最も効果的で現実的な手段。 水素やCO2回収技術なども活用し、ガス火力発電は低炭素排出(またはゼロカーボン)への重要な役割を果たす。 ユニパー(Uniper:ドイツ電力大手)およびロングリッジ発電所(Long Ridge Energy Center:米国オハイオ州) Read More

February 23, 2021
GE、マレーシアにあるTrack 4A発電所にて 世界初となる9HA.02 ガスタービンの商業運転開始を発表

世界初となるGE 9HA.02ガスタービンの商業運転がSouthern Power GenerationのTrack 4Aコンバインドサイクル発電所(出力1440MW:マレーシア・ジョホール州)にて開始 GEは発電所のライフサイクルをサポートするため、Hクラスのコンバインドサイクルプラント(発電設備、デジタルソリューション、サービス契約を含む)をターンキー契約で提供 GEがTrack 4A発電所に導入する業界トップのHAガスタービンは、マレーシアの約300万世帯に必要な発電量を賄うことが可能 【東京 2021年2月24日】 GE (NYSE: GE)、CTCI Corporation Read More

November 12, 2020
Haliade-X12 MWが正式な型式証明を取得

• Haliade-Xに対する第三者認証プロセスが完了 • Haliade-Xは、米国及び英国の風力発電プロジェクト(合計4.8GW)で使用される風力            タービンとしてすでに採用が決定 • 同タービンは洋上風力発電のコストの削減を可能とし、洋上風力の発展に寄与   パリ、2020年11月12日 GEリニューアブルエナジーは、現在世界中で稼働している風力タービンの中で最も強力であるHaliade-X 12 MWプロトタイプが世界最大の独立認証機関であるDNV GLから正式な証明書を受け取ったことを発表しました。 Read More

October 30, 2020
GE、オーストラリアに新設される廃棄物発電所に蒸気タービンを提供

ユーティリティスケールのイーストロッキンガム廃棄物発電所に、GEスチームパワーの35メガワットタービンを搭載。このタービンは、GEの再生可能蒸気発電技術の一端を担う 新たな廃棄物発電所は、リサイクル不能な廃棄物を確実で安定的な電力に変えて国内電力網に供給するとともに、総カーボンフットプリントを年間30万トン削減――これは自動車64,000台分の排出量に相当 幅広い燃料源を対象に効率的で確実な蒸気発電技術を提供してきた、GEの100年に及ぶ経験を活用 バーデン(スイス)— 2020年10月30日 — GE(NYSE:GE)は、西オーストラリア州イーストロッキンガムに新設される廃棄物発電所に Read More

October 20, 2020
ウーバー・エレベートとGEアビエーション、次世代ライドシェアの安全性向上に向けて提携

【テキサス州オースティン – 2020年10月14日】ウーバー・エレベートは、航空ライドシェア事業のエコシステム・パートナーとしてGEアビエーションのデジタルグループを選びました。事業の初期段階として、ウーバーのプラットフォーム上で電動垂直離着陸機(eVTOL)をサポートする飛行データ監視プログラムの要件を構築します。 GEアビエーションのデジタルグループでジェネラルマネージャーを務めるアンドリュー・コールマンは次のように述べています。「旅行業界が発展し続けるなか、この提携により当社のデジタルイノベーションが拡大するでしょう。目的地への安全で効率的な移動を支援することで、 Read More