Skip to main content
Press Release

GE、丸紅の火力発電所向けPredixソリューション導入始動

April 19, 2017

~第一弾として、中袖クリーンパワー火力発電所の予兆診断・発電効率向上へ~

 

GE Power(以下、「GE」)と丸紅株式会社(以下、「丸紅」)は、丸紅が所有する中袖クリーンパワー発電所(千葉県袖ヶ浦市、発電容量100メガワット、以下、「中袖クリーンパワー」)に、GEが開発した産業向けクラウドプラットフォーム「Predix(プレディックス)」で稼動する火力発電所向けソリューションを導入することに合意しました。2017年4月から当該ソリューションの導入を開始し、2018年3月から本格稼働を予定しています。

中袖クリーンパワーは天然ガス焚き複合火力(コンバインド・サイクル)の発電施設で、稼動するガスタービン(LM6000 PDx2基)や蒸気タービンなどの発電機器の予防保守をおこなう予兆検知のための「アセット・パフォーマンス・マネジメント(APM)」やプラントの運用効率を改善するための「オペレーション・オプティマイゼーション(OO)」を導入することで、収益増とコスト削減を目指します。

丸紅は総合商社トップクラスの発電容量を有する発電施設を所有し、発電事業の運営に携わっています。中袖クリーンパワーで培った経験およびノウハウを、今後丸紅が所有する世界中の発電施設へ展開していく 方針としています。

丸紅常務執行役員 電力本部長 宮田 裕久は次のように述べています。「丸紅は今後、保有発電設備の改善とともに、英国・日本・アジアなどにおいて丸紅が保有する発電・小売事業を対象とした電力ビジネス全体へのIoT適用を検討していきます。IoTの導入によって、より効率的な発電・電力調達・販売を実施し、収益力の向上に取り組んでいきます。」

GE Powerジャパン、プレジデント堀江渉は次のように述べています。「日本を含め世界で発電事業をおこなっている丸紅に、火力発電所向けの最新鋭のデジタル・ソリューションが選ばれたことは大変光栄です。」「電力をより効率的に安定的に供給し、発電事業の競争力を強化するためにはデジタル技術の導入は不可欠と考えています。」

今後、GEは発電機器および発電施設における効率改善や保全計画の最適化だけではなく、Predixを用いて国内・海外を含め複数の発電施設の稼働状況を解析・分析し、「ビジネス・オプティマイゼーション(BO)」と呼ぶ事業の収益最適化も見据え、丸紅とのさらなる協業を進めてまいります。

*PredixはGeneral Electric Companyの登録商標です。

丸紅について
丸紅は68カ国・地域において、国内外のネットワークを通じて、食料、繊維、資材、紙パルプ、化学品、エネルギー、金属、機械、金融、物流、情報関連、開発建設その他の広範な分野での輸出入(外国間取引を含む)及び国内取引の他、各種サービス業務、内外事業投資や資源開発等の事業活動を多角的に展開しております。詳しくはウェブサイト http://www.marubeni.co.jp/ をご覧ください。

GE Powerについて
GE Powerは、多様な燃料から発電をおこなうお客様のために、幅広い専門知識を有したグローバルカンパニーです。私たちはデジタル・パワープラント技術や世界最大級で最高水準の発電効率を誇るガスタービン、補機や保守・アップグレードサービス、データを活用するソフトウェア等を通じて、発電事業をサポートさせていただきます。GEのイノベーティブな技術とデジタル・テクノロジーにより、信頼でき、身近で利用しやすく、持続可能なエネルギーのある世の中にしてまいります。 www.gepower.com


business unit