Skip to main content
Press Release

GEヘルスケア・ジャパン、日本開発・製造のワイドボア3.0T MRI装置 「SIGNA™ Pioneer」の新バージョンを発売

April 13, 2017

~お客様の生産性をさらに向上させる新プラットフォームSIGNA™ Works搭載~

 

医療課題の解決に取り組むヘルスケアカンパニー、GEヘルスケア・ジャパン株式会社(本社:東京都日野市、代表取締役社長兼CEO:多田荘一郎)は、お客様の生産性をさらに向上させる様々な次世代機能を搭載した、日本開発の3.0T(テスラ)MRI(磁気共鳴断層撮影装置)「SIGNA Pioneer」(シグナ パイオニア)の新バージョンを4月13日より販売開始します。本製品は、国内の大学病院等を含む総合大型病院や地域中核病院などの、高性能MRIを必要としかつ検査ワークフローの改善による収益向上を重視する専門性の高い施設、また1.0Tや1.5Tからの買替えを検討している施設を主要ターゲットとして販売します。
 

この度発売するSIGNA Pioneerの新バージョンは、従来のPioneerの 特徴であった優れた設置性・経済性、高画質、患者快適性に加え、生産性を最大化するためのソリューション「SIGNA™ Works(シグナ ワークス)」を採用したことが最大の特徴です。SIGNA Worksは、検査から画像処理までの生産性を高めるためのGE のMRに共通の新たなプラットフォームです。これにより、臨床用途の拡大、検査効率の向上、およびより高速な撮像を可能にします。
 

当社が行った顧客調査*1 によると、MR購入検討時の課題として、「診断スピードおよび正確性の向上」(放射線科医)、「病院、施設の臨床ニーズを満たす機能・システム」、「患者のスループットの改善」(技師)、「検査を受ける患者様の満足度向上」(経営層)が上位に上がっています。SIGNA Pioneerの新バージョンは、こうしたお客様のニーズにより一層お応えする次世代3.0Tワイドボア装置です。
 

従来のSIGNA Pioneerは、GEヘルスケア・ジャパンのエンジニアが各国のニーズ、特に日本のお客様の声を取り入れ、グローバルの持つ総合技術力の上に、製品企画から開発にいたるすべてを日本チームが主導で行った製品で、2015年4月に販売を開始しました。次世代デジタル技術のTDI(ティーディーアイ)*2 や、一回のスキャンで複数画像が得られる画像再構築技術MAGiC(マジック:MAGnetic resonance image Compilation)をはじめ、多くの最新テクノロジーを搭載したSIGNA Pioneerは、ワイドボアかつコンパクト、電気消費量も抑えた設計で、優れた設置性と経済性を実現しつつ、検査中に音を発生させないSilent Scan(サイレント・スキャン)*3 や圧迫感を与えないやさしいデザインにより、患者さんに快適な検査環境を提供する製品です。本製品は、GEヘルスケア・ジャパン本社内にある日野工場で製造され、国内のみならず世界に向けて出荷されており、2017年3月末時点で、世界で150台以上の販売実績を誇ります。

*1 顧客調査: 2016年12月MRI購入にかかわる100人を対象にGEヘルスケア・ジャパンが実施。
*2 TDI(ティーディーアイ): Total Digital Imaging. デジタル信号の光ファイバーによる伝送方式を用いたOptix(オプティックス)をさらに進化させたもの。MR本体側レシーバーチャンネル(AD変換機)を最大97ch備え、1ch毎にデジタル変換を実現し、更なる高画質の描出を可能にする。
*3 SilentScan(サイレント・スキャン):頭部に加え脊椎、整形領域においても静かな環境で検査を実現するGEヘルスケア独自の機能。検査環境音+3db以下。


【製品特長】

■臨床用途の拡大を実現する進化したアプリケーション
 ルーティンでの撮影により柔軟性・拡張性をもたらす多彩なアプリケーションで、より詳細な診断をサポート。

  • 動き補正技術の撮像シーケンスの拡張を可能にするPROPELLER MB
  • 更なる時間短縮とコントラスト拡張が可能になったSilent Scan2.0
  • 従来、脂肪抑制の効きにくい部位への対応ができ、均一で広範囲の脂肪抑制画像を短時間で撮像可能にするFSE Flex。3DボリュームイメージングのCube と組み合わせる事で、特に整形領域の検査時間を短縮可能に
  • 心臓領域においてT1マップ、T2マップが得られるCardioMaps。処理は本体コンソール上で可能

■高速撮像を可能にする革新技術

  • 革新的な圧縮センシングのアプリケーション「Hyper Sense(ハイパーセンス)」により、スキャン時間を短縮
  • DWIおよびDTI撮像時に、1度のRF照射で複数断面を同時励起することで、撮像時間の短縮が可能なHyperBand
  • 3D Volume Imagingでの局所選択が可能になり、より短い時間での撮像を実現するHyperCube(ハイパーキューブ)

■画像計算・解析の高速化による検査効率向上

  • 「高速リコンストラクションエンジン(62,000枚/秒)」と「エクスプレス患者テーブル」により、スキャン後から患者退室までをよりスムーズに
  • これまで検査後にワークステーションで行っていた画像解析処理を、本体コンソール上の「READY View(レディビュー)」で実施可能に。スキャン中の待ち時間を有効活用し、検査後の処理作業を削減。3Dボリュームレンダリング、各種マッピング、フュージョン等画像処理をより簡単に、短時間で行えます。


その他、本資料に記載された装置の製品名/薬事販売名/医療機器認証番号は以下の通り。

製品名: SIGNA Pioneer
薬事認証名称: シグナPioneer
発売日: 2017年4月13日(木)
医療機器認証番号: 227ACBZX00011000

GEヘルスケア・ジャパンについて
GEヘルスケア・ジャパン株式会社は、世界が直面する困難な課題解決に取り組むGEヘルスケアの中核拠点の1つとして、1982年に設立されました。国内に開発、製造から販売、サービス部門までを持ち、日本のお客様のニーズにお応えする、先端的な医療技術ならびに医療・研究機関向けの各種サービスをお届けしています。CTやMRI、超音波診断装置などの医療用画像診断から、体内診断薬、細胞解析装置などのライフサイエンス(生命科学)まで幅広い分野にわたる専門性を駆使しながら、GEの世界戦略「ヘルシーマジネーション」で掲げる「医療コストの削減」「医療アクセスの拡大」「医療の質の向上」の実現を目指します。2017年4月1日現在の社員数は約2,000名、国内に本社および60カ所の事業拠点。ホームページアドレスは www.gehealthcare.co.jp (ライフサイエンス統括本部: www.gelifesciences.co.jp


business unit