Skip to main content
Press Release

GEヘルスケア・ジャパン、新たなイメージング性能と検査ワークフローの向上を実現するプレミアム3.0T MRI装置 「SIGNA™ Architect」を新発売

March 15, 2017

~48チャンネルヘッドコイル、革新的な高速スキャンHyperWorksなど、数々のイノベーションを搭載~

 

医療課題の解決に取り組むヘルスケアカンパニー、GEヘルスケア・ジャパン株式会社(本社:東京都日野市、代表取締役社長兼CEO:多田荘一郎)は、3.0T(テスラ)MRI(磁気共鳴断層撮影装置) 「SIGNA™ Architect」(シグナ アーキテクト)を3月15日(水)より販売開始します。この製品は、GEヘルスケアの最先端技術を結集し、革新的なRFテクノロジー*1と高速スキャン技術*2を搭載したプレミアムワイドボア3.0T MRです。国内の大学病院や研究施設、総合大型病院などでの研究用途、もしくは最高性能のMRIを用いた高分解能撮像での検査を重視し、かつ検査ワークフローの改善よる収益性向上も重視する、専門性の高い施設を主要ターゲットとして販売されます。

大学病院や研究施設、大型総合病院では、MRI装置でより高分解能・高SNR*3の撮像を行い、臨床研究や診断に活用したいというニーズがありますが、一方で病院全体として高い検査効率・ワークフローを実現することも求められており、高画質と検査効率のどちらを優先するかというジレンマを抱えているケースも多いのが現状です。

当社が行った顧客調査*4よると、放射線科医師・技師が挙げる検査ワークフローに関する課題のうち、最も多いのが「スキャン時間」(64%)、次いで「画像再構成の待ち時間」や「画像解析処理」など、スキャン以降のワークフローの向上が求められていることが明らかになっています(図1)。

この度販売を開始するSIGNA™ Architectは、画像を劣化させずにスキャンを高速化する各種の革新的アプリケーション群「HyperWorks(ハイパーワークス)」搭載により、画質と検査効率という一般的には相反する2つの要素を同時に実現。医療施設の臨床上および経営上のニーズに応える次世代型3.0T MRI装置です。

*1 RFテクノロジー:RF信号の受信を効率化・増幅するためのハードウェア・コイル技術

*2 革新的な高速スキャン技術:圧縮センシング技術をはじめとするアプリケーション群

*3 SNR: Signal to Noise Ratio=信号対雑音比

*4 顧客調査: 2017年1月、MRI購入決定にかかわる117人を対象に実施。

(図1)

【製品特長】 

■診断精度を上げる新たなイメージング性能

  • 第二世代のデジタルRF技術: 「TDI(Total Digital Imaging) RFテクノロジー」により、最大59%*のSNR向上。 (*自社アナログMRとの比較)
  • ノイズを最小化する新たなコイルデザインを採用し、48コイルエレメントを搭載した「48チャンネルヘッドコイル」により頭部領域ではさらに最大51%*のSNR向上。(*自社多チャンネルヘッドコイルとの比較)
  • MAGiCやCardioMaps, MR Touchなど、全身各領域における定量マッピング機能により、マルチパラメトリック診断を強力にサポート。

■検査のトータルワークフローを大幅に向上

  • 圧縮センシング技術を含む革新的なアプリケーション群「ハイパーワークス」により、画像を劣化せずにスキャンにかかる時間を大幅に短縮。
  • 「高速リコンストラクションエンジン(62,000枚/秒)」と「エクスプレス患者テーブル」により、スキャン後から患者退室までをよりスムーズに。
  • 今まで検査後にワークステーションで行っていた画像解析処理を、本体コンソール上の「レディビュー」で実施可能に。スキャン中の待ち時間を有効活用し、検査後の処理作業を削減します。

■患者・部位によらない安定した高画質を提供

  • 「クラス最高のマグネット均一性(0.27ppm: 40cmDSV)」により、50cm x 50cm x 50cmの広範囲撮像視野を実現。
  • 最適化されたRF送信を行い、撮像領域毎の信号補正を行う「reFINE(リファイン)」により、体幹部領域や心臓領域の画像クオリティが大きく向上します。
  • 患者の体動や呼吸、金属インプラントなどによる、様々なアーチファクトを低減するアプリケーションを搭載しています。

製品概要

製品名: SIGNA™ Architect

薬事認証名称: ディスカバリー MR750w (類型 シグナArchitect)

発売日: 2017年3月15日(水)

医療機器認証番号: 223ACBZX00061000

その他、本資料に記載された装置の製品名/薬事販売名/医療機器認証番号は以下の通り

製品名: 48ch Head Coil

薬事販売名: 48ch Headコイル 3.0T

医療機器認証番号: 228ABBZX00152000

GEヘルスケア・ジャパンについて

GEヘルスケア・ジャパン株式会社は、世界が直面する困難な課題解決に取り組むGEヘルスケアの中核拠点の1つとして、1982年に設立されました。国内に開発、製造から販売、サービス部門までを持ち、日本のお客様のニーズにお応えする、先端的な医療技術ならびに医療・研究機関向けの各種サービスをお届けしています。CTやMRI、超音波診断装置などの医療用画像診断から、体内診断薬、細胞解析装置などのライフサイエンス(生命科学)まで幅広い分野にわたる専門性を駆使しながら、GEの世界戦略「ヘルシーマジネーション」で掲げる「医療コストの削減」「医療アクセスの拡大」「医療の質の向上」の実現を目指します。2017年1月1日現在の社員数は約2,000名、国内に本社および60カ所の事業拠点。ホームページアドレスは www.gehealthcare.co.jp (ライフサイエンス統括本部: www.gelifesciences.co.jp


business unit