skip to main content
インダストリアル・インターネット

インダストリアル・インターネット

インダストリアル・インターネットとは

18世紀から20世紀まで、世界の社会・経済・文化に大きな影響を与えた「産業革命」を「第1の波」と、20世紀後半に世界を変革した「インターネット革命」を「第2の波」とするならば、「インダストリアル・インターネット」は「第3の波」ともいうべきもので、世界を再び変革しようとしています。

「インダストリアル・インターネット」によって、先進的な産業機器、予測分析ソフトウェアと意思決定をする人々が結び付きます。この結果、医療技術の向上、鉄道や航空機における輸送プロセスの変革、発送電における効率的なシステムの登場、などを通じて多くの産業における生産性の向上を実現します。

インダストリアル・インターネットの主要要素

インテリジェント機器:産業機器、施設、車両を高度なセンサ、コントロール、ソフトウェアアプリケーションで接続します。

データと高度な分析:予測アルゴリズムと最先端のソフトウェアを用いて、ビッグデータを可視化します。

人々:いっそうインテリジェントな機器の設計、操作、保守を可能にし、より高度なサービス品質や安全性を享受することができます。

インダストリアル・インターネット:基本的な情報の流れ

私たちは新たな時代を迎えています。世界中で、ハードウェアとソフトウェアは強い力で、融合し以前は想像すらできなかった製品やサービス、そしてビジネスモデルが実現されようとしています。未来を創造しながら、生産性向上とものづくりにおいて、「革命」がおこりつつあります。

インダストリアル・インターネット:「1%の力」

インダストリアル・インターネットは、すべての先端機器に予測機能を付与し、障害を予防することで、機器の性能を向上させ、より強く、迅速かつクリーンで安全な世界をもたらします。

インダストリアル・インターネットによって、航空機エンジンの燃料消費や長距離貨物列車の運行システム、火力発電の燃焼効率をわずか1%改善するだけで年間およそ200億ドルの利益を生み出すことになるとGEは試算しています。