skip to main content

GEのe-Health宣言

e-Healthの概念図
少子高齢化社会の到来、慢性疾患の蔓延、相対的な医師不足、医療環境の格差など日本はあらゆる医療と健康の課題に直面しています。これらの課題を解決するためにGEはe-Healthを推進していきます。

e-Healthとは、ITを活用し個人の医療情報を元に個人が健康になる仕組みのことです。ITを積極的に医療に取り入れることで、医療や健康、福祉システムの質が高まり、人々の生活の質(クオリティー・オブ・ライフ)が向上すると考えます。

e-healthを実現する第一歩が医療・健康情報の電子化です。ITを活用することによって今までばらばらだった病歴や健康診断に関する一人ひとりの情報を一元管理できるようになります。ネットワークを介してこの情報を医療機関に共有できるようになれば、患者は過去のデータに基づいた、より適切な診断や治療を受けることができます。これは不必要な検査や治療、投薬を減らすことにもなります。

さらに医療・健康情報が蓄積され、共有されると根拠に基づいた医療(エビデンスベースドメディシン)も加速されます。これはどこの医療機関を訪ねても同じ質の医療サービスを受けられる環境整備につながります。そして医療技術・機器の革新や、製薬の開発も促進されます。

このような医療の世界を実現するために、GEはe-Healthの実現に向けて取り組んでいます。

 

関連書籍のご案内

GEが取材協力をしている「e-Health革命 - ITで変わる日本の健康と医療の未来」(日経BP社刊)をPDFでご覧いただけます。
e-Health革命 - ITで変わる日本の健康と医療の未来 (PDF, 4.35MB)

書籍情報
版型: 新書版
価格: 945円(税込)
版元: 日経BP社
販売: 日経BP出版センター
編集: 日経ビジネスオンライン編集


主な内容

  • はじめに:e-Health革命が日本の健康と医療を救う
  • 第1章:日本の健康と医療の未来を考える
  •  黒川 清 政策大学大学院大学教授
  • 第2章:日本国の医療改革について
  •  近藤 正晃 前内閣官房国家戦略室長付参事官
  • 第3章:超高齢化社会を迎える
  • 日本と地方の医療と健康でやるべきこと
  •  村井 嘉浩 宮城県知事
  • 第4章:GEの考えるe-Health革命とヘルシーマジネーション
  •  ジェフリー・R・イメルト GE会長兼CEO
  • 第5章:世界各国におけるe-Healthの取り組み
  • 第6章:e-Healthのある未来―竹内家のケース
  • 第7章:e-Health実現の道
  • おわりに

 

>amazon.co.jpの本書籍のページはこちら