skip to main content

経営企画・管理部門 FAQs

FMPとは何ですか?
募集のプロセスはどのようになっていますか?
どの事業部門のインタビューを受けることになりますか?
自分の希望する事業部門を選ぶことができますか?
国やGEの事業の種類によってプログラムは異なりますか?
FMPではどのような仕事をすることになりますか?
トレーニングはどのようなもので、何を学びますか?
複数の職務または複数の事業にまたがるローテーションは可能ですか?
ファイナンスや会計の専攻である必要はありますか?
プログラム中に転勤はありますか?引越しの費用は会社負担となりますか?
海外でのローテーションの機会はありますか?
卒業後の進路としてどのようなものがありますか?
初任給はいくら位ですか?昇給の予定はありますか?
評価はどのように行なわれるのですか?
GEにとってコーポレート・ファイナンスとは何ですか?

 

FMPとは何ですか?

ファイナンシャル・マネジメント・プログラム (FMP) は、ファイナンスのキャリアを志向する方のためのエントリーレベルのリーダーシップ・プログラムです。 FMPはGEにおける将来のファイナンスのリーダーを育てるための重要な役割をになっています。このプログラムは異なる事業部門での6ヶ月ごとに、4つのローテーションと、4つの集中的に行われるクラスで構成されています。 また、リーダーシップ開発セミナーにも参加し、GEのリーダー達と公式/非公式の指導ネットワークを通してつながりを持つことができます。

募集のプロセスはどのようになっていますか?

多様なバックグラウンドを持つ人々を募集しています。多くの候補者は新卒、或いは3年未満の職務経験者です。FMPの主な応募方法はインターネット、日本および米国の大学での募集、知人紹介、広告による募集、そしてキャリアフォーラム等を通じてです。書類選考を通過した候補者はまず、人事マネジャーによるインタビューを受けていただきます。更に次のステップに進むことになった候補者は、ファイナンスマネジャーによるインタビューを経て、CFOとの最終インタビューを受けていただきます。

どの事業部門のインタビューを受けることになりますか?

日本でのFMPプログラムは、アサイメント先を1つの事業に限定していません。あなたはGE Global Growth Organizationによって採用され、4つの異なる事業部門に順次配属されることになります。日本以外の国籍を持つ方は、ケースバイケースで当人が市民権を持つ国でのFMPプログラムに応募するようお勧めしています。

自分の希望する事業部門を選ぶことができますか?

ローテーションは、皆さんの地理的なまたは事業部についての希望と、受け入れ側の需要、また個々の成長プランを勘案して決定されるため、希望通りの事業部門でのアサイメントを確約することは出来ません。

国やGEの事業の種類によってプログラムは異なりますか?

プログラムの基本理念やゴール、そしてローテーションとコースカリキュラムの組み合わせという基本的な構造は、世界中のどの事業でも共通です。アジアでのプログラムは全て2年間です。他にも事業の性質により多少の違いはあるかもしれませんが、プログラムの基本とトレーニングのクオリティーは変わりません。

FMPではどのような仕事をすることになりますか?

アサイメントによりますが、どの事業においても同じような業務経験をすることになります。FMPは通常業務(基本的な会計、財務、事業予測、トレジャリー/現金管理、そしてプレゼンテーションの準備等)と、プロジェクトの両方を含むやりがいのある課題を与えられます。殆どのローテーションが、上層部のマネジメントとのやりとりや、他の部門との関わり合いを持ちます。経験を積めば積むほど、仕事はチャレンジングになっていきます。

トレーニングはどのようなもので、何を学びますか?

最初の2つのクラスでは、コンピューターベースの学習に加えて、様々な事業でのローテーションについている他のFMPとの交流や上級マネージャーへのプレゼンテーションが行なわれます。これらはGEの事業運営に応用される会計や財務の基礎に焦点を置いています。次の2つのクラスでは、毎週事業所内でクラスルーム形式で行われる主にケースに基づいたものになります。これらはオペレーション戦略、競合他社分析、会計監査のテクニック、そしてリスクマネジメントに焦点を置いています。全てのクラスはGEのファイナンスのプロフェッショナルによって教えられ、評価の対象となります。

複数の職務または複数の事業にまたがるローテーションは可能ですか?

財務経理部門以外へのローテーションはありますが、あくまで例外的です。このような異動事業部の要請があり、FMPが希望し、且つ有益性があると認められた場合に限り、可能性があります。

ファイナンスや会計の専攻である必要はありますか?

いいえ。プログラムの性質上、FMPには財務や会計学を専攻した人が多いのですが、経済学、数学、教養学などを専攻し、プログラムで成功した人もたくさんいます。専攻以上に重要なのはリーダーシップ、分析能力、そしてファイナンスでのキャリアへの興味です。

プログラム中に転勤はありますか? 引越しの費用は会社負担となりますか?

大阪や海外で6ヶ月のローテーションを行なう可能性があります。ローテーション先は受け入れビジネスのニーズによって決まり、変更の可能性もあります。転居が必要な場合は、GEが基本的な引越し費用のほとんどを負担します。尚、日本でのFMPプログラムは「東京採用―東京都下の勤務地に通勤可能な範囲内に居住していることが条件」となっています。

海外でのローテーションの機会はありますか?

数は少ないですが、海外でのローテーションの機会はあります。

卒業後の進路としてどのようなものがありますか?

FMP卒業生には、プログラム修了後のキャリアは人それぞれです。より大きなキャリアの加速を目指して、CAS(Corporate Audit Staff:社内監査のプログラム)に進むケース、財務・経理の専門性を磨くために、事業部の財務・経理系プロフェッショナルに進むケース。一度事業部の財務・経理のポジションに進み、専門性を深めた上でCASに進むケースなど、様々なキャリアパスが考えられます。ファイナンス以外の職務に就く可能性もあります。個々の志向や事業部門のニーズによって違いますが、FMP卒業生の多くは、FMPを受講しなかった同僚より早い昇進をとげています。GEはFMP中に蓄積されたトレーニングと経験に価値を置いており、FMPを将来のファイナンスリーダーになりうる人材候補と考えています。

初任給はいくら位ですか?昇給の予定はありますか?

初任給は入社前の職務経験により異なります。昇給は6ヶ月毎に行なわれ、各人の業務評価と、コースの成績を組み合わせたマトリックスを基に決定されます。

評価はどのように行なわれるのですか?

公式には各ローテーションの中間時(3ヶ月め)と終了時(6ヶ月め)に配属先の上司による評価が行われます。評価対象となるのは、与えられた課題の達成度および、基本的なスキルと能力(専門性、リーダーシップ、勤労態度、対人関係等)です。これに加えてしばしば、非公式のフィードバックおよびコーチングを日常的にマネージャーとその他の「メンター」から受けることになります。

GEにとってコーポレート・ファイナンスとは何ですか?

GEにおけるコーポレート・ファイナンスとは、ビジネスを成功に導くのに必要な全ての財務活動と言い表すことが出来ます。会計、予算編成、財務分析、現金管理、資金調達運用等がそれにあたります。あくまでオペレーション上必要なもので、取引融資や投資銀行業務ではありません。FMPローテーションの多くはコーポレート・ファイナンス活動を中心として構成されています。