skip to main content
History

History

Time period:

2005-2010

近年の開発

GEの発明家精神は私たちのなかに変わらず息づいており、より広範なテーマや領域において新たな発見を模索しています。GEの科学者たちは照明、エネルギー、その他の資源を活用して、理想的なカーボンナノチューブからホログラフィック・データストレージ、最新の有機LEDなど、あらゆるものの開発に取り組み、その汎用性を高めています。2008年、GEは最初のエボリューション・シリーズ機関車を10両、リオ・ティント・アイアンオア社に納入しました。つまり、エボリューション・シリーズ機関車が最初に販売されたのは北米ではなかったのです。世界最大級の天然ガスプロジェクト、シェブロン社のゴルゴン液化天然ガス(LNG)プロジェクトでは最初の大型契約も締結しました。さらに、クリーブランド・ベイに設置する水処理プラントも受注。これによりグレート・バリア・リーフに到達する前に水を浄化・排出することができます。2010年、GEはオースグリッド社と「スマートグリッド・スマートシティ」プロジェクトでパートナーシップを締結したほか、オーストラリア連邦科学産業研究機構(CSIRO)と2,000万オーストラリアドル規模の研究開発(R&D)における戦略的パートナーシップを締結しました。また、GE CF6エンジンは主翼にエンジンを4万時間以上連続搭載できるという、カンタス航空社が打ち立てた世界記録にも貢献しました。

  • 2004