skip to main content
History

History

Time period:

2001-2004

飛躍的発見

医療技術、発電、照明などの分野の画期的な発明により、世界中でより多くの人々が、これまで以上に広範な地域や場所で懸命に働くようになりました。中国テクノロジー・センターはその一例です。がんの発見・診断技術の進歩から国際宇宙ステーションでの取り組みまで、GEのイノベーションは多岐にわたります。2001年、GE製交流(AC)牽引機関車8両が、オーストラリア西部で世界最長かつ最重量の列車を380km以上にわたり牽引しました。これは鉄鉱石を積んだ貨物列車で、全長は7.4km、貨車の連結数は682両、重量は10万トンにおよびます。GEは翌年、オーストラリア保証協会(AGC)の事業をウエストパック銀行から買収しました。GEマネー・オーストラリアは最初の「デュアル・カード」を発表しました。これは消費者が店舗で使用できる会員カードに多目的なクレジット機能を付けたものです。また、百貨店マイヤー・ホールディングスとのパートナーシップにより、マイヤーカードやマイヤーVISAカードの発行・管理も手掛けています。

  • 1992
  • 2003