skip to main content
History

History

Time period:

1971-1985

伝統の継続

GEは複雑さを増す社会のニーズに応えるためのイノベーションを継続。天然資源問題に対処するため、XENOY樹脂から光ファイバーの発明に至るまで、幅広く応用できる新素材を開発しました。医療分野では、シックスシグマのための設計(100万の機会につき3回の失敗、つまり99.99999%の成功を意味する)にもとづいた磁気共鳴断層撮影装置(MRI)技術や、全身用コンピュータ断層撮影(CT)スキャナを開発し、高速かつ鮮明な人体画像の撮影を実現しました。1976年、GEヘルスケアはオーストラリアにGEメディカルシステム(GEMS)を設立し、翌年にはオーストラリアのシドニー郊外のサザランドにGE初のCTスキャナを設置しました。また1980年代初頭には、最初のGE Dash 7シリーズ機関車を3両、西オーストラリア州ピルバラ地域にあるハマスレー・アイアン社に納入し、ボーイング737型機に搭載するエンジンをカンタス航空社から受注しました。

  • 1969